,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  top▲
来るはずのないメール
「番号、交換する?」
言ってくれたのは、あなただったよね。


あれから何日経ったかな
待っても待ってもずーっと来なくて。

こっちから送ってやろうかとも思ったけれど
なんだか虚しくて
なんだか寂しくて
ほんとは、あなたから自発的にくれるメールがほしくて
手を止めたよ。



あなたと会う最後の日、
泣いたりしてごめんね。


一生会えないわけじゃないってわかってるけど
一生声が聞けないわけじゃないってわかってたけど

でも
それでも


あなたがいなくなる空間を想像すると
嫌でも涙が出てきてしまうんよ。



毎日いたあなたのその場所が
毎日くれたあなたの優しさが
毎日支えてくれたあなたの言葉が


ダイスキだった


のに・・


もう・・いない。



泣いてる私に
「メールしようね」
って言ってくれたけど

すごく嬉しかったけど

私は
「1回もメールしてくれたことないじゃないですか」
泣きながらそんなことしか言えなかった。



その日の夜


「元気でなあ☆」


ひとことだけくれた、あなたからの初めてのメール。



無我夢中に返事打ってる自分に笑いながら、
一生懸命、また返事がほしくて長い長い文作ってた。




もう大丈夫だよ。

ありがとう。


これでもうちょっと頑張れる。
スポンサーサイト

独り言 CM(0) TB(0) top▲

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。